前へ
次へ

骨盤矯正は女性に必要になる

産後には骨盤矯正という考え方が定着しています。これは、骨盤が歪むためで、その歪みを本来の位置に戻すことで体に起こる様々なトラブルを改善できる考えです。私たち女性は、骨盤の歪みといえば、見た目に分かるほどにアンバランスであるイメージを持っています。しかし、医療従事者によれば、仙骨と腸骨を繋ぎ合わせるために強い靱帯がついているため、普段の生活で骨が動いて歪むことはなかなか無いようです。骨盤矯正が必要になる歪みは、癖をなおすことにあるようです。いわゆる筋肉の引っ張りを解すのが矯正術なのです。歪みが出やすいのは癖だけでなく、妊娠・出産を経験するからです。上半身と下半身を支える関節は靱帯で固定されていますが、出産では赤ちゃんの通り道をつくるために、骨盤を広げるように靱帯を少し緩める必要があります。ちなみに、リラキシンというホルモン分泌により骨盤を支える力が弱くなったり強くなります。出産を機に弱くなり歪みが発生、そのまま固定されてしまうわけですから、矯正術でもとに戻すことで、見た目、内側から健康美を取り戻せるようです。

Page Top