前へ
次へ

骨盤矯正には鍼治療とストレッチが効果的

骨盤の歪みが体のさまざまな不調の原因となるため、骨盤矯正は人気を集めています。普及している主な矯正方法には、体操で周辺組織を動かす方法、矯正具による骨の移動および固定、専門家の施術などがあります。たしかに骨盤周辺の筋肉組織がトラブルを抱えていない場合には、これらの方法が有効です。しかし筋肉が凝っていたり、線維化したりしている場合には、それを解決しなければ骨盤が正しい位置におさまることはありません。なぜなら、ガチガチになった筋肉が仙骨や腸骨を間違った位置に引っ張ってしまうからです。硬すぎる筋肉が引き起こす骨盤の歪みには、鍼治療とストレッチの併用が効果的です。鍼が筋肉に刺さると、軸索反射という生体反応が起こって、鍼周辺に血が集まります。これをきっかけに悪循環が解消して、自然治癒力が働くようになり、筋肉が正常な状態に戻っていきます。線維化している場合でも鍼が組織を破壊するので、時間をかければ治癒します。一方ストレッチは、鍼で緩みはじめた筋肉の伸展する能力を向上させます。1日に最低でも1回のストレッチを習慣にすると、筋肉に柔軟性が戻り、骨盤矯正が可能になります。

Page Top